野菜の街

287.3BB.033.W-Dia-Zurcher-Film-Festival_Zuerich tibits
287.3BB.033.W-Dia-Zurcher-Film-Festival_Basel

287.3BB.033.W-Dia-Zurcher-Film-Festival_Bern

287.3BB.033.W-Dia-Zurcher-Film-Festival_London

チューリッヒ中央駅前バンホフ・シュトラッセをしばらく歩いてコープCoopの角を右。通りを渡ると、ヨーロッパ最古のベジタリアン・レストラン、ヒルトゥルHiltl がある。開店は1898年と、優に100年を超える歴史を持つ。

サンデーブレッドという、ちょっと甘みのあるパンを日曜日の朝にいただく古くからの習慣がある。まだ貧しかった日々の生活のなかで、それは、子どもにも大人にも、ささやかな楽しみだった。

肉も白いパンも贅沢だった時代にオープンした、ベジのレストラン。敢えて野菜しか食べないことなど到底理解されなかったというが、ヒルトゥルは、今やチューリッヒのシンボルと言えるほど人気で、ブレイクを過ぎすっかり定着している。

インド、中国、マレーシア、地中海など、野菜レシピはグローバルで意表をつく楽しさがあり、おいしい。ビュッフェから好きなものを好きなだけ取り、自分で計りに乗せ、出てきたレシートを料理と一緒にテーブルに持って行く。

4代目、ロルフ・ヒルトゥル氏のマーケティングセンスが優れていて、スイスインターナショナルの機内食でもヒルトュルを選べるなど、新しいスイスの顔をブランディングしている。レストランコンセプトや仕掛けを語り出すと膨大になってしまうので、別の機会にするとして。

ヒルトゥルをフラッグシップに、よりカジュアルに展開している姉妹店「ティビッツ バイ ヒルトゥル Tibits by Hiltl」のポスター。支店のあるチューリッヒ、ベルン、バーゼル、ロンドンを野菜の街にしてライトアップした。

ちなみに、チューリッヒ店は歌劇場のすぐ裏。オペラが跳ねた後、ちょっとだけ何か食べたい、というときにも気軽にぶらっと入れる。

http://www.hiltl.ch

http://www.tibits.ch
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“Natural energy for Zurich.”
“Natural energy for Basel.”
“Natural energy for Bern.”
“Natural energy for London.”

Advertising Agency: Wirz Werbung AG | Partner BBDO Worldwide, Switzerland
Creative Director: Andreas Portmann
Art Director: Barbara Hartmann
Copywriter: Marietta Mügge
Photographer: Derek Stierli und Felix Schaub
Additional credits: Account Manager: Marc Gooch Art Buying: Fabienne Huwyler Photo-Editing: Felix Schregenberger Food Styling: Carla Kiefer

 

制作シーンは、こちらから。

http://www.youtube.com/watch?v=kIhbTAD4yo4

Leave your comment

Required.

Required. Not published.

If you have one.