チューリッヒ歌劇場 2015 / 2016 プログラム

001

秋までの休演の間、チューリッヒ歌劇場には大がかりな梯子が組まれていた。外壁は日に日に磨かれ、天に向けて両手を差し出す女神も天使たちも、今は真っ白に輝いている。

2015/ 16年のプルミエは、アルバン・ベルグの「ヴォツェック Wozzeck」で幕を開けた。19世紀初め、ドイツのライプツィヒで実際に起きた殺人事件をもとに創作されたカール・ゲオルク・ビューヒナーの戯曲。下 級兵士ヴォツェックを演じるのは、クリスチャン・ゲルハーヘル。幻覚の世界で奇矯な声に誘われながら精神に異常をきたし、ついには情婦マリーを刺殺する。

この作品を初め、オペラのプルミエは、幻想、幻覚、狂気の世界を彷徨するプログラムにフォーカスした企画が並び、その特化した視点は、精神医学の歴史に重要な役割を果たしてきたドイツ語圏スイスらしくもあり、かなりユニークだ。

例えば、ヴェルディのオペラ、「マクベスMacbeth」。権力と敵意に翻弄され、暗雲に覆われた世界を生きるマクベス夫人も精神を病んでいく。演出は、バリー・コスキー。

アンドレアス・ホモキ演出、ベッリー二の「清教徒」では、司令官の娘エルヴィーラが、婚約者に去られ発狂してしまう。オペラのハイライトは、あまりにも有名な「狂乱の場」。南アフリカ出身のプリティ・イェンデのソプラノが楽しみだ。

2016年1月。現代音楽の天才ヴォルフガング・リームのオペラ「ハムレット・マシーンDie Hamletmaschine」が登場する。

003

バレエのプルミエでは、ネザーランド・ダンス・シアター NDT を世界的なカンパニーへと育て上げたイジー・キリアーンの「神々と犬たちGods and Dogs」が、ウィリアム・フォーサイス振り付けの「In the Middle, Somewhat Elevated」とオハッド・ナハリンの「Minus 16」との3ステージで上演される。

アメリカン・バレエ・シアターで上演された映像を観た方も少なくないと思うが、アレクセイ・ラトマンスキ―が振り付ける、チャイコフスキーの「白鳥の湖 Schwanensee」の上演は、2月。

上の写真左から、アンドレアス・ホモキ、コマーシャル・ディレクターのクリスチャン・ベルナー、ファビオ・ルイージ、クリスチャン・シュプック。

安定した人気の高い演目の間に、チャレンジングな作品をきら星のように散りばめたカレンダー。いかにもチューリッヒらしい斬新さと洗練されたモダニズムで構成され、ヨーロッパの名門歌劇場にふさわしい、期待の大きいシーズンになりそうだ。

http://www.opernhaus.ch

Leave your comment

Required.

Required. Not published.

If you have one.