チューリッヒ歌劇場 13/14 プログラム

今日は、グッド・フライデー。イースター休暇の前、チューリッヒ歌劇場の来シーズンの演目が先日発表された。
郵便でも送られてくるが、歌劇場のクロークの中央のテーブルいっぱいに分厚いプログラムが誇らしげに積み上げられているのを見ると、やはり1冊持ち帰ってくる。

プルミエは、オペラ9本、バレエ3本。

9月22日、ベルント・アロイス・ツィンマーマンBernd Alois Zimmermann のオペラ「兵士たち DIE SOLDATEN」で幕を開ける。

バレエでは、ドイツの革命家にして劇作家 ゲオルク・ビューヒナー Karl Georg Büchnerの生誕200年を祝し、「ヴォイツェック WOYZECK」をクリスチャン・シュピュックChristian Spuckの振り付けで、10月12日より上演する。

「ファウスト FAUST」、オスカーワイルドの短編「カンタヴィルの亡霊 DAS GESPENST VON CANTERVILLE」と続き、1814年に難航の末に初演されたベートーベンの唯一のオペラ「フィデリオ FIDELIO」が、12月8日に登場。シーズンきっての話題作で、クリスマスをはさみ、オペラの季節のピークがフェスティブに華やぐ。

昨年の夏。歌劇場の前で、ペレイラ、ガッティ、シュッペルリの3人が振り向きながら、「さよなら」と手を振っているポスターを見たときは、「ほんとうに、変わってしまうんだ」と一抹の寂しさとともにショックを受けたものだ。周囲のオペラ座サポートメンバーも、「一体どうなってしまうのかわかりません」とノーコメント状態だったが、ペレイラから引き継いだ総裁アンドレアス・ホモキAndreas Homokiの評価は上演ごとに高まり、確実にファンを醸成している。チューリッヒらしい挑戦的な異色作を打ち出しながら、再演のなかにも珠玉が多く光り、2期目のホモキのリードに期待される。

http://www.opernhaus.ch/

Leave your comment

Required.

Required. Not published.

If you have one.